牧場が作る牛から生まれた無添加「FIRST MILK SOAP」に。新製品続々開発中! | どっこいしょニッポン

牧場が作る牛から生まれた無添加「FIRST MILK SOAP」に。新製品続々開発中!

このページを印刷する

キメの細かいなめらかな泡立ちの石けんを独自に製造販売。

「いでぼく」では新たな試みとして、初乳を配合した石けん「FIRST MILK SOAP」の販売をスタートしました。

FIRST MILK SOAP

初乳とは、出産した後24〜28時間の間に出るお乳のこと。いつでも採れるものではありません。初乳には免疫グロブリン、ラクトフェリンほか、ナチュラルな免疫と成長要素が含まれています。これは人間の肌を組成する成分と近いため、肌なじみがいいのが特長です。

FIRST MILK SOAP泡立ち

この初乳を成形可能なぎりぎりの割合まで配合したのが、「FIRST MILK SOAP」。この石鹸に使用している初乳は、子牛に十分飲ませ、それでもあまったもの。出産現場に立ち会った人にしか採ることができない、貴重な成分です。

実際に泡立ててみると、キメの細かいなめらかな泡がたっぷりと立ち、弾力のある質感が印象的です。

FIRST MILK SOAPの泡

手を洗って乾かすと、つっぱり感がなく、保湿クリームを塗ったかのようなしっとりとした肌触り。乾燥肌に悩む方にぜひおすすめしたい逸品です。

リピーターが多く、定期的に10個単位で購入するケースもあるとか。価格は1980円、乾燥肌克服のための美容ソープと捉えれば、手頃な価格ともいえます。現在は店頭での販売のみですが、ネット販売も始める予定です。

FIRST MILK SOAP店頭販売

 

地元の酪農伝統・文化を後世に残したい。「牧場まかないパン」にこめられた想い。

牧場まかないパン

もうひとつ、1日8斤限定で販売を始めた「牧場まかないパン」も特筆もの。

富士山の麓、朝霧高原で開拓してきた酪農1世のみなさんが食べてきたという牧場パンで、現在は限られた高齢者数名しかこのレシピを再現することができなくなっていました。そこで「いでぼく」では、地元の酪農伝統・文化を作り上げてきた先人達へのリスペクトを込めて、この「牧場まかないパン」のレシピを受け継ぐことにしたのです。

カットした牧場まかないパン

「まかない」とはいっても、牛乳を30%も使用した贅沢な無添加パン。オーブンではなく飯盒で焼くため大量生産できず、1日限定8斤の販売です。

外はサクッとして中はふわふわ、ミルクの風味が鼻にぬける贅沢なパンは、すぐに人気メニューとなりました。「いでぼく」敷地内の「チーズ&ピザショップ 大地」で食べられるほか、販売もしています。

いでぼくカフェ店内

井出さんは「カフェでは牧場まかないパンにオリーブオイルや塩、ハチミツを添えたプレートや、牧場まかないパンを添えたアイスクリームカップもメニューに取り入れています。ここでしか食べられない特別感を味わいに、ぜひ“いでぼく”に遊びにきてください」とにこやかに話してくれました。

いでぼくFIRST MILK SOAP

 

▶「いでぼく」のその他の記事はこちらから

 

 

株式会社 いでぼく

http://www.ideboku.co.jp/index.html

  • 営業時間:平日/10:00~17:00  土日祝/10:00~18:00(但し品切れの場合は早く終わる事もあります。)
  • TEL:0544-58-6186
  • 定休日:月曜日(祭日の場合は営業) ※ただし、夏期は無休。詳しくはお問合せ下さい。
  • アクセス:〒418-0112 静岡県富士宮市北山4404-2

・事業形態
牛乳および乳製品の生産・加工・販売

・飼育頭数:不明

この記事を書いた人どっこいしょニッポン運営事務局

どっこいしょニッポン運営事務局 全国を飛び回っています。 取材をご希望の方はお声掛けください。

この記事が気に入ったら
いいねしよう!

新着記事をfacebookでお届けします

関連記事