5年連続で最優秀賞の栄誉に輝いた「いでぼく」の牛乳。「牛が最優先」をポリシーに、手間暇かけた飼育を続ける | どっこいしょニッポン

5年連続で最優秀賞の栄誉に輝いた「いでぼく」の牛乳。「牛が最優先」をポリシーに、手間暇かけた飼育を続ける

このページを印刷する

 牛乳へのこだわりが生んだ「いでぼく 第4の牛乳」

「いでぼく」ではホルスタイン種と、日本では共に希少品種のブラウンスイス種とジャージー種の、3種の牛を飼育しています。そして3種の牛乳を販売しているのは、日本では「いでぼく」だけです。

いでぼくの牛R

いでぼくの牛舎

ホルスタイン種は日本で親しまれている牛乳で、乳脂肪分が3.5%以上含むスッキリとした味わい。ジャージー種は乳脂肪分が多く風味豊かで、ブラウンスイス種はなめらかでスッキリとした飲み口が特徴です。それぞれの牛乳を販売しているので、ミルク好きならぜひ3種の味の違いを試してほしいところ。

いでぼくの3種の牛たち

さらに「いでぼく」では第4の牛乳としてHJB牛乳を生み出しました。3種の牛の頭文字から取って名付けられたこの牛乳は、井出さんが絶妙なバランスで配合したハイブリッド牛乳です。このHJB牛乳を使ったヨーグルト、アイスキャンディーなどは、プレミアム感もあって人気を博しています。

 

牛が最優先。とにかくおいしい牛乳づくりのためにできることは何でもする。

しずおか農産物認証牧場

「いでぼく」の牛乳の品質評価は非常に高く、農林水産大臣賞受賞ほか、さまざまな賞を獲得しています。なかでも関東生乳品質改善共励会 最優秀賞・特別賞は6年連続で受賞、これは偉業といえる成果です。

上質な牛乳を生み出すために、どんな管理をしているのでしょうか。

いでぼくの井出さん

「祖父の時代から変わらずやっていることですが、良質な牛乳は健康的な牛から採れる──つまり病気を出さないように徹底して衛生管理の手間をかけています。

除糞は1日に何度も行い、菌が繁殖しにくい乾いた牛床を保つことが大切ですね。19時まではスタッフと共に管理しますが、その後は夜中の12時まで私が管理しています。飲んで帰ってきた日も必ず、365日。夜になれば牛もみな静かにしていますから、やたらとシッポを振っていたり、荒れていたりと、牛の変化を発見しやすいんです。観察を続けることで体調変化をつかめ、いち早く対応できるので、この時間を大切にしています」と、井出さん。

可愛らしいジャージー牛

「手間をかけた分だけ結果がついてくると感じているので、「牛が最優先」をポリシーに、手間もお金も惜しまず、とにかくおいしい牛乳づくりのためにできることは何でもしている」と、語ります。

インタビューを受ける井出さん

「祖父の代からやるべきことを丁寧にやってきて、賞は後からついてきたもの」と、最上のモノづくりを追求する矜持(きょうじ)に満ちた、井出さんの表情が印象的でした。

いでぼく外観

 

▶「いでぼく」のその他の記事はこちらから

 

 

 

株式会社 いでぼく

http://www.ideboku.co.jp/index.html

  • 営業時間:平日/10:00~17:00  土日祝/10:00~18:00(但し品切れの場合は早く終わる事もあります。)
  • TEL:0544-58-6186
  • 定休日:月曜日(祭日の場合は営業) ※ただし、夏期は無休。詳しくはお問合せ下さい。
  • アクセス:〒418-0112 静岡県富士宮市北山4404-2

・事業形態
牛乳および乳製品の生産・加工・販売

・飼育頭数:不明

この記事を書いた人どっこいしょニッポン運営事務局

どっこいしょニッポン運営事務局 全国を飛び回っています。 取材をご希望の方はお声掛けください。

この記事が気に入ったら
いいねしよう!

新着記事をfacebookでお届けします

関連記事